ナノジタル ルース 14*12 人造ブルーオパール  222030
5ee32f370d5e385c0f410600 5ee32f370d5e385c0f410600 5ee32f370d5e385c0f410600 5ee32f370d5e385c0f410600

ナノジタル ルース 14*12 人造ブルーオパール  222030

¥5,100 税込

送料についてはこちら

nanosital社が開発したナノジタルのファセットカットルースです。 こちらはブルーオパールの人造石であり、カラーチェンジはしません。 オパールで見られるうっすらとした白濁を見事に再現しており、 発色の良さ、石の大きさ、価格と、全て揃えるのは人造石でしか表現できないと思います。 ナノジタルとは・・・ ナノジタルは光学的には透明の多結晶素材です。 50年以上前に生まれた結晶化ガラスの一種です。 ナノジタルのひじゅうは3.5~4であり、トパーズ、サファイア、ルビー、 アクアマリン等の高価な宝石に非常に近いです。 ナノジタルの主な特徴としてキュービックジルコニアの特徴でもある 「不自然なほどの強い光沢がない」ところがあります。 しかしそれでいて、その色自体の魅力的なきらめきは失われていません。 ナノジタルのモース硬度は7で、本来の見た目が失われる事がないほどの 耐性が保障されています。これはガラス(モース硬度5)より高い一方でコランダム(同9)よりも低い数値です。 溶解点(1700°)が高く、どの色のナノジタルであってもロストワックス鋳造が可能です。 色の種類が80以上ありあらゆる天然石の類似石製造に対応可能。 光学特性や透明性に優れ、石の内部に不純物や渦、内包物や曇りがありません。 こちらはカラーチェンジします。こういった素材でカラーチェンジを製造できるのはナノジタル社だけです。 蛍光灯、白熱灯などの光源によりその色が変わります。 現在で24種類のカラーチェンジストーンがあります。 その数は年々増えています。 サイズ   約  14×12 ㎜ 重さ   約  9.41  ct